芥川賞候補!古市憲寿「平成くん、さようなら」:登場キャラがキモいそして読後は寂しい

芥川賞候補になった古市憲寿氏の小説「平成くん、さようなら」を読みました。

 

f:id:dramafreak:20190326215404j:plain

 

 

▽2018年11月9日に文藝春秋より出版

 

 

 

 

古市憲寿(ふるいちのりとし)氏のプロフィール

 

f:id:dramafreak:20190326220133j:plain

画像引用: ORICON NEWS

 

  • 1985年1月14日生まれ東京都出身
  • 慶應義塾大学環境情報学部卒業
  • 東京大学大学院総合文化研究科修了
  • 2018年初の小説「平成くん、さようなら」で芥川賞の候補にノミネートされる

 

社会学者としてテレビのコメンテーターとしても活躍中。「とくダネ!」で過激な発言をしてはをしばしばネット炎上を巻き起こす。

 

結婚感においては以前にこんな発言をして世間を賑わせたことも。

 

「だって気持ち悪くないですか?同じ人を70年とか愛し続けるって。そんなのあるの?」

  

ゆえに現在独身。いわゆる変人系天才ってやつね。

 

でも猫好きみたいだし悪いやつじゃなさそう

 

▽古市氏のツイッター

古市憲寿 (@poe1985) | Twitter

 

▽古市氏のインスタグラム

古市憲寿さん(@poe1985) • Instagram写真と動画

 

▽古市氏のその他出版作品一覧はこちら

古市 憲寿の作品一覧

 

 

「平成くん、さようなら」のあらすじ

「 法律で安楽死が認められた世の中」という、パラレルワールドの世界で安楽死を決めた平成くんと彼女の愛ちゃんの葛藤の物語。

 

「平成という名前の自分は、平成が終わったら古い人間になってしまいそうでもう死にたい」という、中二病前回の平成くん。

 

実は平成と書いて「ひとなり」君なのだが。

 

死にたい死にたいと何ヶ月も平成くんに言われ続けて、愛ちゃんは受け入れるようになるのか?それとも「もういいよ、死ねよ」となるのか?

 

「平成くん、さようなら」の感想

芥川賞候補が嫌いだ

私が個人的に芥川賞が嫌いなのは、必ずエログロ表現のある作品が選ばれるから。

 

エロい話が読みたければ官能小説を選べばいいんですよ。文学として楽しんでる最中に急に生々しいエロ表現盛り込まれるとげんなりするのよね。

 

食事中に濡れ場を見せられたらオエッってなるじゃない。そういう感じよ。

 

今本読んでんだからそういうのやめてくれる?っていうね。

  

又吉君の「火花」のような爽やかな作品もあるから一概には言えないんだけどね。

 

 この「平成くん、さようなら」の中にも、そのような生々しい官能シーンが少しだけど書かれてる。

 

そこで私は思うわけですよ。「ああやっぱり芥川賞候補って。。。(^ν^;)」ってね。

 

じゃあ読むなよ、って話なんだけど、やっぱり話題作っていうのは気になるのよ。ようするにミーハーなのよ。

 

”平成くん”は古市氏?

本を読み始めて最初から平成くんは古市氏自信がモデルなのかな、と思ったわ。

 

小説から引用した平成くんの外見はこちら

 

187センチという長身に、宇宙人のような逆三角形の輪郭の小さな顔。目元までを覆うような重たい前髪。細いながらも眼光の鋭い目。だけど唇だけは分厚くて、モデルといわれても、連続殺人犯といわれても、納得できてしまうような顔つきだ。

 

いかがでしょうか。実際の古市氏の身長は175センチほどらしいのでそこは違うけど、

 

  • 重い前髪
  • 細くて眼光のある目
  • 分厚い唇
  • 連続殺人犯顔

 

やっぱりあんたなんじゃないの?!

f:id:dramafreak:20190326220133j:plain

 

しかも平成くんは古市氏と同様にとくダネ!にも出演してるし。間違いない。

 

でも実際は平成くんのモデルは現在ユーチューバーとして活躍中のメンタリストのDaiGo氏ということらしいわ。

 

DaiGo氏のYouTubeチャンネルは現在チャンネル登録数86万の超人気ぶり!

www.youtube.com

なんかうさんくさいこと言ってるわねー。確かに平成くんだわ。

 

登場人物が気持ち悪い

まあね、若い人たちの話なんで、人世代上のババアの感想なんだけどね。これが今どきの若者なのかしらね。

 

気持ち悪いわ。

 

嫌味にならないようにさり気なくお気に入りのブランドをこちらに知らせて来るところとか、

 

グーグルホームに生活を管理させてスマホでUber呼んでアプリで行き先登録して移動とか、

 

高級レストランで出てくる蟻と牛肉の組み合わせは最近の流行りだとか、

 

聞かされてる方は「あっそ(^ν^)」ってなる話が多すぎるのよね。

 

 

 正直私は古市氏を見たことが一度もないので、どんな人なのかこの記事を書くまで全く知識がなかったんだけど、この小説を読む限り

 

「こういう今どきっぽいキーワード散りばめておけば最近のやつらは食いつくんだろ?」

 

って思いながら、片方の広角だけあげてほくそ笑んでる作者のイヤラシイ顔が浮かんできたわ。

 

こいつ、やなやつなニオイがするぜ。

 

そのように小説にとても不自然な形で今どきワードを散りばめちゃって、平成くんと愛ちゃんがキモいキャラになってた。

 

平成くん、さようなら

物語の終盤では愛ちゃんがいなくなった平成くんへの思いを巡らすシーンが続く。

 

キモいなーこいつらー、と思いながら読み進めたけど、読み割った後は平成くんのことが気になってしかたなかったわ。

 

あのキモ男、いなくなったらめっちゃ寂しい。

 

嫌味なブランドに身を包んで、誰も聞きたくないウンチクカマして、世間を炎上させるようなクサイ人間っていうのも個性よね。

 

個性が消えるっていうのは寂しいものよ。

 

この小説のテーマは”安楽死”で、私達がもし安楽死を選べるようになったらどんなことが起こるんだろうっていう問題提起もあったんだろうけど、正直そこについては全く考えさせられることがなかった。

 

残念!

 

でも平成くんと愛ちゃんはクサイけどくせになる感じなんでぜひご体験ください。

 

さらさらっと1日で読めます。

 

▽電子書籍版「平成くん、さようなら」

Amazon Kindle版 

楽天 Kobo版

 

▽紙書籍版「平成くん、さようなら」

Amazonで注文する

楽天で注文する

 

▽古市氏のその他出版作品一覧はこちら

古市 憲寿の作品一覧

 

▽2019年芥川賞受賞作はこちら

1R1分34秒 町屋良平

ニムロッド 上田岳弘

 

▽ちなみに直木賞はこちら

宝島 真藤順丈

 

▽読者登録よろしくね(о´∀`о)

 

▽Twitterもフォローしてね(о´∀`о)

 

▽ブログランキングに投票してね(о´∀`о)

コメント

  1. より:

    固有名詞を多く出してるのは、平成という時代を解消させるためですよ。嫌味でも何でもありません。

タイトルとURLをコピーしました