「りえさん手帖ホントにやせた編」レビュー:子育てを終えた後の女の楽しい日々

西原理恵子の漫画「りえさん手帖」を読みました。

 

「毎日かあさん」が終わり、もう西原さんのエッセイ漫画も読めないのかな、と思ってたら、登場人物がほぼ同じで続編が出てきたわ。

 

西原さんもいろんなところで「今が一番幸せ」だと語っている通り、楽しくて幸せいっぱいな女の人生第2章を相変わらずのテンションで、いや、パワーアップして戻ってきたよ!

 

f:id:dramafreak:20190315121546j:plain

 

 

 

りえさん手帖 ほんとにやせた編の作品情報

作者:西原理恵子(1964年11月1日生まれの54歳)

出版日:2018年12月20日

価格:紙書籍版1080円、電子書籍版880円

連載:2017年10月2日より朝日新聞にて連載中

最新エピソードはこちらから読めます

 

▽楽天からの購入はこちらから

りえさん手帖 ホントにやせた編 [ 西原理恵子 ]

 

▽アマゾンからの購入はこちらから

りえさん手帖 ホントにやせた編

 

 

りえさん手帖 ほんとにやせた編の感想

自分の人生を全部切り売り

この人は、人生切り売り系豪傑女性。

 

漫画家になるまでの若い頃の奮闘記は「上京ものがたり」で、

 

上京物語を描いた後の生活を「女の子ものがたり」で、

 

子供が生まれたら「毎日かあさん」を始めて、

 

高須克弥氏との交際の話は「ダーリンは70歳」シリーズで

 

そして現在のおばさんの日常を今度は「りえさん手帖 ホントにやせた編」で

 

見事なまでに私生活をまんべんなく切り売りしてるわ。父親の自死も、夫のDVもアル中も病死も、全部描いて金に換えたという女傑そのもの!

 

りえさんは今

20代は漫画家として売れるために全力で走り、30代は夫のDV夫と子供の世話に終われ、40代で夫の死を看取り、そして50代の彼女は今。。。

 

頑張るのやめたみたい。

f:id:dramafreak:20190315123505j:plain

(・∀・)イイネ!!

 

頑張るのやめてた上におばちゃんになって怖いものがなくなったもんだから、今まで以上に好き放題書き散らかしてる。

 

でも、彼女の豪快で豪傑な中に時々散りばめられたほろっとくる優しさや繊細さが、読者の胸にぐっとくるのよねぇ。

 

やっぱり子供が小さかった頃のネタにはジーンとするし

f:id:dramafreak:20190315124658j:plain

余計なことを考えないで心を楽にする方法も教えてくれてる

f:id:dramafreak:20190315124701j:plain

 お母さんたちが頑張りすぎないで手を抜くことも呼びかけてくれてる

f:id:dramafreak:20190315124703j:plain

こういうの、疲れ果てちゃってる時に言ってもらえるとうれしいのよね〜。

 

もう子育てエッセイではないんだけど、子育て中の女性が読んでも勇気がもらえるエピソードが盛り込まれてるのがいいわ。

 

「お母さん」を終えた後の自分

私はまだ子育て中で、のんきなようで毎日いろいろと考えなきゃいけないことがたくさんある。

 

だから子供の世話が終わって「卒母」した後の自分のことなんて想像できない。子供育て終わったら、20年ぶりぐらいにお母さんじゃなくなるわけでしょ?

 

でも、その時にりえさんみたいに動物に囲まれて、子供とは友達みたいな付き合いになって、仕事もしてて、友達とも時々飲んで。。。なんて最高よね〜(о´∀`о)。(ついでに億万長者の彼氏もいて!)

 

卒母後の自分を楽しむためには、今を一生懸命生きることが大事なのね。頑張ったからこそ振り返った時に収穫がたくさんある。

 

 りえさんはいつも女の味方

西原さんは作品の中でよく、女の悪口を描いたり攻撃したりするんだけど、根底にゆるぎない「女性の味方」という精神を持ってるわ。

 

▽”漫画に描く”という、彼女のやり方で女の子にしっかりとした生き方を伝えたり

女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと

 

▽女性たちに図太く生き抜く方法を教えてくれてる

生きる悪知恵 正しくないけど役に立つ60のヒント

 

実際は彼女は「何度生まれ変わってもおんなをやりたい」と言うほどに、女性の人生を愛してる。

 

女性として生きるって、けっこうしんどいことも多いじゃない。「いっそ男に生まれれば良かったわ!」なんて中島みゆきさんの「ファイト!」の歌詞みたいな気持ちになることもあるわ。

 

でもりえさんみたいな人が、女としての自分の人生を愛して豪快に突き進む姿を見てると、やっぱり女っていいね!って思えてくる。

 

りえさん手帖の中でよく描かれてる、女同士の語らいっていうのも女に生まれた特権だしね。男に生まれたらこんなにおしゃべりを楽しめないだろうし。

 

それに、若い頃はあんなに怖かった「おばさんになった後の人生」が、あの頃より全然楽しいっていう事実。

 

やっぱり女って楽しいわ。

 

タイトル通り本当に痩せたりえさん

彼女も万年ダイエッターの中年女性の一人。昔っから痩せない痩せない、何やっても太るって言い続けてきたけど、ついに痩せてた。

りえさん手帖 ほんとに痩せた 月曜断食

 

ジムに通って運動もしてる!

 

噂話に不幸話に、感動話に最後はダイエット。

 

「りえさん手帖ホントにやせた編」にはアラフォー女性の好きなものがてんこ盛りでした。おすすめです。

 

▽読者登録よろしくね(о´∀`о)

 

▽Twitterもフォローしてね(о´∀`о)

 

▽ブログランキングに投票してね(о´∀`о)

 

▽関連記事はこちらから

【保存版!】西原理恵子の毎日かあさんを子供の年代別に全力レビュー
西原理恵子氏の毎日かあさんはもう読みましたか?   2002年から毎日新聞で連載された西原理恵子による言わずも知れた大ベストセラーよね。アニメ化もされたし映画化もされてるから、子供も知ってるし大人も知ってるという、西原作品にあるまじ...
10年ぶりに「パーマネント野ばら」を読んで女の自立を考える
先日毎日かあさんの全巻レビューを書いた際に、久しぶりに昔の西原作品をいくつか読み直してみた。   ▽毎日かあさん全巻レビューの記事はこちら   その中で「パーマネント野ばら」を読んだ感想が、初めて読んだ10年前とすごく変わってい...
「ダーリンは73歳」に、そのままの自分でも幸せになれることを教わる
西原理恵子が描く熟年恋愛エッセイ漫画の最新刊「ダーリンは73歳」を電子書籍で読みました。   ダーリンは73歳 ぷりぷり熊編のあらすじ 今回は短編エピソードが21話収録されてるわ。1話目からいきなりすごいのよ。   高須先生が...
伊藤理佐「なまけものダイエット」にはアラフォー女性の共感がつまってる
伊藤理佐氏の「なまけものダイエット」甘口編と辛口編を読みました。   甘口編と辛口編の2冊は、甘口編が30代までの話で辛口編が40代からの話。ちょうどアラフォーの私にぴったりの年代なもんでかぶりついて読んでしまいました。 伊藤理佐...

コメント

タイトルとURLをコピーしました