「アラフィフさん、いらっしゃい」のあらすじ感想:アラフィフ先輩による素晴らしい体験談

私はアラフォーですが、この本を読んでアラフィフへの心づもりができました。人生の先輩のリアルな言葉が満載です。

 

f:id:dramafreak:20190518233535j:plain

 

 

はじめに

10代の頃は20代なんてすごく大人で全然想像もできない世界でした。20代の頃は、30代になったら女として終わりなんじゃないかという恐怖がありましたが、30代になってみたら40代になるのが楽しみになりました。大人になるって楽しいと気がついたからです。

 

特に女は年を取ったほうがしがらみや人の目を気にしなくなるので若い頃より断然楽しいです。人によるかもしれませんが、女性は年齢を重ねると心がどんどん解放されますよね。私はそう実感しています。

 

40代になった今、年を取ることは怖くありませんが、50代ってどんな世界なんだろう?という興味はすごくあります。

 

「アラフィフさん、いらっしゃい」では、そんな50代の先輩のリアルな世界がオモロ優しく描かれています。

 

アラフィフさん、いらっしゃいの著者 

青沼 貴子(あおぬま たかこ)さん

北海道函館出身の1960年1月1日生まれ

現在東京都板橋区在住

代表作はTVアニメ化もされた「ママはぽよぽよザウルスがお好き」

 

育児漫画系の元祖ですね。

 

アラフィフさん、いらっしゃいの感想

更年期!

私も、もうすぐ自分にも更年期障害が始まるんだろうなーと心配しています。もともとホルモンバランスが悪い体質なので、どんなひどいことになるんだろうと結構不安。

 

青沼さんも40代後半からホットフラッシュが始まります

f:id:dramafreak:20190513141553j:plain

 

しかも10年も!

 

私の母もホットフラッシュの期間が長く、突然汗だくになる様子を間近で見ていて辛そうでした。

 

青沼さんは長いことホットフラッシュに襲われているので、今は対処方法も見つけてやり過ごしているみたいです。こういうナマの情報は大事ですよね。メモですよ、メモ!

 

50代で職探し 

 青沼さんくらい成功してたら仕事なんて探さなくても、漫画も書けるし印税もあるだろうし必要ないんじゃないかな、と思うんですが、彼女はパートの面接を受けるんですよ。

 

でも、なかなか難しいみたいですね。

f:id:dramafreak:20190513141557j:plain

 

私など30代まるごと専業主婦をしてしまったため、40代で仕事を探してもブランクが長すぎて全然仕事が見つかる気がしません。

 

50代になったらもっと難しそうですね。。。

 

 

涙もろくなる。。。

f:id:dramafreak:20190513141549j:plain

 

これ、涙もろいやつ。私30代から始まってます。人が頑張ってる姿を見ては泣き、自分の子供の赤ちゃんの頃の手形を見ては泣き、ニュースで悲しい話でも嬉しい話でも泣きます。

 

20代までは全然泣き虫じゃなかったんですけどね。産後のホルモンのせいかな?と思いながら涙もろさが年々ひどくなってる気がします。どっかでおさまるんですかね。このまま行くと50代になったら朝食の味噌汁の匂いで幸せ感じて泣きだしそうなんですが。

 

シモがゆるくなる(シモネタじゃありません)

f:id:dramafreak:20190513141508j:plain

f:id:dramafreak:20190513141544j:plain

 

これ、私の同級生達も尿もれするって言ってました。産後にゆるくなってからずっと咳やくしゃみでうっかり漏れてしまうみたいです。

 

50代から尿もおならも自力で食い止められなくなり始めるんですね。私は今のところまだ大丈夫ですが、全く他人事だと思えません。

 

You Tubeに尿もれ対策の動画があったんで、今日からやります。よかったら皆さんご一緒に。

www.youtube.com

 

思い出せない!

f:id:dramafreak:20190513141538j:plain

 

この話は恐怖でしかないですね。40代の今すでに、忘れまくって何もかもが忘却の彼方ですよ。

 

とにかく忘れます。2階に何かを取りに行き、何を取りに来たか忘れて用を足して仕方ないから1階に降りて、また思い出したから2階に行ったら子供部屋が散らかってるから掃除し始めちゃって何を取りに来たか忘れて、また1階に降りて、っていうのを繰り返した後、結局何が必要なのか思い出せなくなって諦める。

 

膨大な時間をそんなことに費やしてます。

 

これはどうしたらいいんでしょうね。とりあえず大事なことはメモるようにしています。

 

この本が良さそうだったので今度読んで見ます。

 

 

貯金がない! 

f:id:dramafreak:20190513141533j:plain

 

「年金生活になるまで夫婦で3000万円の貯金が必要」らしいですが、青沼さんのご夫婦は貯金がないようです。

 

切実ですよねー。私など40代で持ち家もありませんしいつまで賃貸暮らしをするのかわかりませんが、まったく将来の見通しがついてません。

 

でも、お金ってポンと湧いてくるわけじゃないから年金生活までにどうしてもコツコツ貯めておかなきゃですよね。

 

というか、青沼さん漫画で相当稼いだはずなのに貯金が無いってどういう使い方してきたんですかね?!きっと派手に楽しく使ってきたんでしょう。

 

人間、一度上げた生活水準を下げるのは大変なことですからね〜。。。こういう人たちはきっとずっと「お金がない」って言い続けるんでしょうね〜。

 

こってりがきつい!

f:id:dramafreak:20190513141529j:plain

 

私の周りの40代達にもちょっとずつ出てきてますよ〜。「油がきつい」ジェネレーションが。そういう私自身も、若い頃から揚げ物が大好きで、油なんか飲み物!ってくらいいける口だったんですが、最近はもう唐揚げ3個くらいが限界です。。。

 

まだそばよりラーメンですが、きっと10年たったらおろしざるそばとかを好んでる気がします。

 

いいです、もう一生分のこってりは食べてきた気がするので。こってりを引退する心の準備はできました。

 

子供が結婚!

f:id:dramafreak:20190513141517j:plain

そうかー!50代になると子供が結婚しだすのか!と衝撃でした。その頃になったら、今の小さい子供たちの姿が遠い思い出になっていて、写真やビデオを見てはおいおいと泣いてるんだろうなぁ。でも、時代が流れて新しい気持ちをたくさん知るんだろうなぁ。と考えるだけで涙が出そうなんですけど。

 

親が亡くなる

f:id:dramafreak:20190513141512j:plain

 

親が亡くなるのは、順番通りの自然な出来事ですが、何事もなく生きてきた人にとってみれば人生で一番の悲しみが親の死だと思います。

 

親の印象って、元気に働いて怒ったり笑ったりしてるパワフルな印象が一番強いですよね。その親がだんだん老いて弱っていく姿を見るのも辛いですが、亡くなってしまう喪失感は計り知れません。

 

でも、同じ経験をする仲間がいると本当に心強いです。きっと自分が死ぬときも、死ぬのは自分だけじゃない、みんな死ぬんだ。と、だんだんその覚悟ができていくのだと思います。

 

さいごに、アラフィフは楽しい! 

f:id:dramafreak:20190513141525j:plain 

いろいろと抱える問題もありますが、本当に50代は楽しいんだと思います。西原理恵子さんも楽しそうだし、内田春菊さんも子育て一段落してがんになったけど今楽しそうです。

 

 

 

50代って子育てや仕事などで、だいぶひと仕事終えた状態なんでしょうね。50代の自分がどんな問題を抱えて生きているのかはわかりませんが、まだまだ元気な40代を駆け抜けたら、もっと楽しい50代が待ってるのかもしれませんね。

 

さすが、売れっ子漫画家の書いた本です。すごい面白かったですよ! 

 

Amazon Kindle Unlimitedについて

私はアマゾンのKindle Unlimitedを利用しています。

 

「アラフィフさん、いらっしゃい」はAmazon Kindle Unlimitedで無料で読むことができます。kindleで購入すると972円です。

 

Amazon Kindle Unlimitedは月額980円で小説、ビジネス本、実用書、コミック、雑誌、洋書など幅広いジャンルから好きなだけ対象の本を読むことができます。

 

Kindleの専用端末が無くても、iPadやiPhoneなどの手持ちのタブレットでダウンロードできます。対象の本の一覧はこちらから。

 

最初の30日間は無料で試せます。

 

1冊1500円くらいする本も読み放題だったりするので、対象作品に読みたい本があったらすごいお得ですよ。

 

▽登録はこちらからどうぞ

 

 

▽読者登録よろしくね(о´∀`о)

 

▽Twitterもフォローしてね(๑˙❥˙๑)

 

▽はてなブックマークはこちらから\(^o^)/

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

▽ブログランキングに参加してます

(*´Д`)皆の一票まってるわ~

 

 

▽関連記事はこちらから 

余命1年…母親の死と向き合う家族の姿をリアルに描いたエッセイ漫画「ありがとうって言えたなら」をレビュー
「臨死!!江古田ちゃん」の作者として有名な漫画家、瀧波ユカリ氏の漫画「ありがとうって言えたなら」。   誰もがいつか迎える母親の死に向き合う家族の姿が赤裸々に描かれていてとても胸に刺ささりました。           瀧...
「りえさん手帖ホントにやせた編」レビュー:子育てを終えた後の女の楽しい日々
西原理恵子の漫画「りえさん手帖」を読みました。   「毎日かあさん」が終わり、もう西原さんのエッセイ漫画も読めないのかな、と思ってたら、登場人物がほぼ同じで続編が出てきたわ。   西原さんもいろんなところで「今が一番幸せ」だと語って...
よしながふみ「きのう何食べた?15巻」のあらすじ感想:4月から実写ドラマ化決定!
東京で同棲するゲイのカップルの淡々とした日常を描く大人気漫画「きのう何食べた?」の最新刊15巻を読みました。   2007年に連載が始まり、累計発行部数は500万部。きっといつか来ると思ってた実写化がついに実現するらしい!   ...
オバタリアンを読んで平成の女性像の移り変わりを見る【Kindle Unlimited】
平成初期に社会現象にもなった漫画「オバタリアン」。アマゾンのKindle Unlimitedにラインナップされていたので読んでみました。 今出版されたら、女性への偏見だと叩かれそうな大変な問題作。でも、30年前と現在とで、中年女性の女性像が...
「離婚してもいいですか?翔子の場合」のあらすじ感想【Kindle Unlimited】
アマゾンのKindle Unlimitedから、離婚を考えた女性について描かれた漫画「離婚してもいいですか?翔子の場合」を読みました。   シンプルな絵とストーリーですが、内容は深くとても面白かったです。          ...
「私、こっそり離婚をたくらんでいます」のあらすじ感想【Kindle Unlimited】
Kindle Unlimitedから離婚漫画第2弾をお届けします。今度はとにかく一人暮らしをしたくて離婚を考えた女性の漫画「私、こっそり離婚をたくらんでいます」を読んでみました。   ギャグ要素が多く、離婚という重いテーマにもかかわらず...
「俺、ツシマ」は何回読んでも笑えるし泣ける名漫画
ツイッターから生まれた猫漫画「俺、つしま」、買って3日で5回読みました。もう私「つしま」に夢中なんですけど。      作者プロフィール 「俺、つしま」の作者は「おぷうのきょうだい」という東京在住の兄妹お二人によるユニットです。...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました