PMSに苦しんでる人は絶対読んで!強烈なPMSの症状を本当にしずめる6つのアイテム

月経前症候群、通称PMSに悩んでいますか?

f:id:dramafreak:20190129102317j:plain

 

 

PMS(月経前症候群)とは

PMS(月経前症候群)とは、月経前3日から10日くらい前の黄体期から始まる、身体的・精神的に起こる様々な症状のことです。症状は月経開始とともに消失します。

主な身体的症状

  • 下腹部膨満感
  • 下腹痛
  • 頭痛
  • 乳房痛
  • むくみ
  • 体重増加
  • 動悸過剰
  • etc…

主な精神的症状

  • 気分のムラ
  • 反感・闘争的になる
  • 判断力の低下
  • 無気力
  • 疲れやすい
  • 不眠
  • 涙もろい
  • 悪夢を見る
  • 異性に対してのみ攻撃的になり暴力をふるう
  • etc…

参考:月経前症候群 – Wikipedia

 

私はほぼすべての身体的・精神的症状が当てはまります。特に「異性に対してのみ攻撃的になり暴力をふるう」というのがぐっときますね。さすがに暴力はふるいませんが、PMSがひどい時期は郵便局の受付のおじさんなどにも、必要以上に苛立ちます。

 

こちらの漫画がPMSををものすごくわかりやすく描いてくれていますので、ぜひ読んでみてください。

1ページで完結で無料でブラウザで読めます。

omocoro.jp

 

PMSは病気です

PMSで倦怠感や無気力巻がでて何もできないときや、感情のコントロールができない時、自分で自分を弱い人間だと攻めてしまいますよね。私もずっとそういう自分が最低な人間だと嫌ってきました。

 

でも、PMSをおさえてる今はっきりと言えますが、あれは人間性の問題ではなく病気です。確実に病気です。PMSに支配されてる時のあなたは本来のあなたの姿ではありません。

f:id:dramafreak:20190129234615j:plain

 

しかしPMSは、世間的にも医療的にも、お産と同じで”女だからしょうがない”って言われて誰も解決しようともしてくれない悲しい病気です。

 

だからといって自己コントロールが出来ずに人を傷つけていい理由にはならないので、治す努力を怠ってはならないのです。

 

今から紹介する事が、PMS悩んでる方々への解決へのヒントになる事を願っています。

 

私のPMSの経験談(長いです)

昔から「生理前って、イライラするのよねー!」って女性は良く言っていました。私が中学生の頃、家庭科の先生もそう言ってました。

 

「いつもは何とも思わないことも、生理前になるとギーって怒りたくなるのよね。」と言っていた先生の言葉が今も忘れられません。

 

中学生だった私は「ふーん」と思って聞いてましたが、まさか自分がその後20年以上に渡ってPMSの様々な症状に苦しめられるとは、その時は想像もしていませんでした。

 

私は高校生になったくらいからホルモンバランスがすごく崩れるようになり、毎月毎月、月経前になると腹痛や吐き気、頭痛に発熱、さらには猛烈な気分のアップダウンが起こるようになりました。

 

痛みや熱は鎮痛剤でそれなりに治まったけど、気分のムラが激しくて自分ではどうすることもできませんでした。

 

どうでもいいことで涙が止まらなくなったり、異常にハイテンションになったり、朝起きた瞬間から猛烈な怒りが湧いてきたり。

f:id:dramafreak:20190129225441j:plain

 

日々の生活にや人間関係にも支障をきたすようになって、辛い状況になってもPMSの時期は全然自分の感情をコントロールできません。

 

おかしくなった自分に1週間くらい苦しんだ後、月経が来て、月経が終わると何事もなかったように本来の自分が戻ってきます。

 

そうすると、ホルモンでおかしくなってた自分を思い出して死にたくなるんですね。「なんであんな事言っちゃったんだろう(やっちゃったんだろう)」といった具合に。

 

その症状は結婚後も出産後もおさまりませんでした。

 

そうなると被害にあうのは身近な人々、つまり家族です。いつもは陽気で優しいお母さんが、ある日急に些細なことで猛烈に怒り出したり泣き出したりする。

 

そんな母親の姿を小さな子どもたちはどんな姿で見ていたのかと思うと、思い出すと申し訳なくて悲しくてたまりません。

f:id:dramafreak:20190129223650j:plain

 

もちろん、専門家のヘルプが必要!と思って若い頃から婦人科には何度も通いました。しかし、時代もあるのかもしれませんが、あんまり取り合ってもらえませんでした。

 

いくつもの病院を渡り歩きましたが、処方されたのは低用量ピルと精神安定剤ばかり。どちらも体質に合わず、PMSは収まらないのに体調ばかりが悪くなり飲み続けられませんでした。

 

ですので、病院に頼るばかりではなく、PMSに自分にありに調べ、いいと言われるものは片っ端から全て試してきました。

 

そして数年前についに、PMSを完全に抑えることに成功したのです!これは私の人生では大変な事件でした。

 

強烈なPMSの症状を本当にしずめた5つのアイテム

PMSの起こる原因は実はきちんと解明されていません。ホルモンバランスの崩れにより起こることは間違いないですが、なぜ崩れるかの原因は人それぞれ。

 

なので、人により何が効くかは試してみないとわからないのがホントのところです。私にバッチリ効いたものが万人に効くわけではありません。

 

逆に言うと、私には全然効かなかったけど、他の誰かにはすごく効くことがあります。

 

そんな、私が試してきたものや研究してきたものを一挙に紹介します!

 

f:id:dramafreak:20190112033611j:plain

 

ブラックストラップモラセス

PMS解消のためのネットサーフィンでたどり着いたこのサイト。

mateylibro.wordpress.com

このブログの運営者の方も、PMSで娘さんに辛くあたってしまうことにとても苦しんで、彼女なりに研究した結果、ブラックストラップモラセスでほぼ完全に症状を抑えることに成功しています。

 

彼女いわく、PMSがひどくなるのは必要な栄養が足りてないから。

 

このモラセスには女性に必要な栄養素がぎっしりつまってるらしいです。私も彼女の記事を読んで、すぐにその日にブラックストラップモラセスを買いに走って試してみました。

 

残念ながら私には効果は現れなかったけど、ホルモンバランスの考え方などとっても勉強になりました。

 

 

▽ブラックストラップモラセスはアマゾンや楽天で購入できます。

 セイロンシナモン

 友人にPMSを相談してみたところ、彼女のお姉さんもひどいPMSに長年苦しんできたとのこと。

 

お姉さんは誰かからシナモンが効くと聞いたらしく、その日から毎日、コーヒーにパンにスイーツに、なんでもシナモンをかけまくったらしいんですよ。

 

そしたら次の月の月経前はPMSがものすごく軽減されたらしい!

 

そんなの聞いたら試さない手はないですよね。早速私もシナモンをかけまくること1ヶ月。。。。残念ながらこれも私には効果が感じられませんでした。

 

その時に知ったんですが、市販に出回ってるシナモンにはカシアセイロンの二種類があって、カシアの方は大量に取ると肝臓を痛めるという説があります。

 

ですので、サプリメントなどで大量に摂取する時は「セイロンシナモン」を選びましょう。

 

▽セイロンシナモンサプリメントはアイハーブで購入できます。

セイロンシナモンサプリメント(アイハーブ)


▽セイロンシナモンパウダーは楽天やアマゾンでも購入できます。

小林製薬 命の母ホワイト

月経の不調のおくすりといえばこれ。20代の頃に薬局のお姉さんに相談したらこれを勧められて、1年間くらい飲んでいました。彼女が実際に飲んでいてすごく効くと言っていました。

 

即購入し、PMS期にジワーっと不安定になった時、(これを飲めば治る!)という感じに、お守り代わりに飲み続けていました。

 

しかし残念ながら私には効果がありませんでした。。。もう、これがだめなら他に何があるの?ってくらい絶望したのを覚えています。

 

▽小林製薬 命の母ホワイト

▽更年期のお悩みには 命の母Aがいいみたいです

低用量ピル

婦人科でPMSを相談した時、真っ先に処方されたのがこの低用量ピル。処方してくれた女医さん曰く、これを飲むと効く人は本当にピタッとPMSの症状がなくなるらしい。

 

初めて処方されたのは20代前半。これを飲めばもう、月経周期に振り回されないで済むのかも!ってすっごく嬉しかったです。

f:id:dramafreak:20190129130832j:plain

 

でも実際飲んでみたら、副作用がひどすぎました。吐き気で朝まで眠れなかったり、不正出血が1ヶ月以上も続き、持病の貧血がすごく悪化しました。

 

何種類か別の低用量ピルを処方してもらって試してみましたが、どれを飲んでもPMSは全く緩和されずに副作用だけがすごく出てしまい、結局これも断念。まだまだPMSを治す旅は終わりません。

 

セントジョーンズワート

会社の先輩にPMSの相談をしてみたら、彼女が長期間飲んでいるというセントジョーンズワートを紹介してくれました。

 

先輩はそれほどPMSの症状が強烈ではないけれど、月経前の脱力感と涙もろくなる症状がひどく、精神を安定させるためにセントジョーンズワートを飲むようになり、それがよく効くので手放せないとのことでした。

 

これも私には効きませんでしたが。。。

 

▽セントジョーンズワートはアイハーブで購入できます。

 セントジョーンズワート60粒入

 

▽セントジョーンズワートはアマゾンや楽天でも購入できます。

ボラージオイル

ネット検索で見かけた情報だったんですが、PMSで気分の波が激しい女性は血中濃度のγリノレン酸(GLA)が不足してる経という情報を入手しました。

 

それをサプリメントで補うと、PMSに効果があるとのこと。

 

理論はよくわかりませんが、サプリメント飲むだけだから試すに決まってます。速攻でGLAが豊富に含まれているサプリメントを探しました。

 

すると、GLAを含みPMSに効果があるのは「月見草オイル」というサプリメントが有名なようで、たくさんラインアップがありました。

 

しかしその時、ラインアップの片隅に見つけた「ボラージオイル」というサプリメントのほうがGLAが豊富に含まれていることに気が付き、そちらを注文してみました。

f:id:dramafreak:20190129232532j:plain

 

そしてPMSの症状が始まった日、ボラージオイルを飲んでみました。すると、体の中から湧き上がってくるような不安定な気持ちが、スーッと波が引くように収まっていったのです。

 

次の日も、その次の日も、ボラージオイルを飲んでいる時は感情がコントロールできないことがピタッとなくなりました。

 

その日以来、どんなに精神的に不安定になってもボラージオイルを飲むとスーッと楽になり、本来の自分がすぐに戻ってきます。

 

ボラージオイルを飲んでだいたい30分後には効果をはっきりと感じることができます。こうしてついに私は、時分のPMSの症状に効くアイテムを見つけたのでした。

 

▽ボラージオイルはアイハーブで購入できます。

ボラージオイル60粒入

 

▽ボラージオイルは楽天やアマゾンでも購入できます。

 

さいごに 

繰り返しになりますが、PMSの症状や原因も人それぞれなので、どれが自分に効くかは試してみるまでわかりません。

 

ただ一つ言えるのは、PMSが辛いと嘆いているだけでは絶対に症状は収まりません。自分のため、周りの人のために今日から試せることを実行していきましょう。

 

PMSは個人差があるので、同じ女性でもまったく症状のない人もいれば強く症状が出る人もいます。同じ女性でもわかってもらえず傷つくこともあると思います。どうか負けずに、いろいろ試して乗り越えてください!本来のあなたに戻れる日が必ず来ます!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました