皮膚科で顔のほくろを切除した話と10年後の傷跡の経過写真

もう10年以上も前の話ですが、耳の横にあった大きなほくろを皮膚科で手術を受けて除去しました。その時の経験レポートです。

 

f:id:dramafreak:20190301144814j:plain

 

 

顔に大きなほくろがあった、それも毛がはえてるやつ

私にはかつて、生まれたときから耳の横に大きなほくろがあった。

 

もうすでに除去してししまったので写真はなく、どのくらいの大きさなのか説明が難しいんだけど、ちょうどいい画像があるからみてほしい。

 

ちょうどこの、みなさんのおかげですのノリ子のほくろと同じくらいの大きさ。

f:id:dramafreak:20190301150800j:plain
※なつかしすぎてすみません。

 

大きいわよね?!すごく目立つでしょ、このくらいの大きさになると。

 

場所はノリ子ほど顔のど真ん中じゃなくて、左耳の少し前の辺だったんだけど、大きくて自分ではとっても気にしてたわ。

 

それでこのノリ子なんだけど、この画像はまだ初期の頃。

 

この後出番を重ねていくに従って、どんどんほくろが大きくなっていって、最後は毛までビヨーンって生えていったのよ。

 

私はそのほくろ毛のノリ子がテレビに映るたびに、まるで私のことみたいで恥ずかしくてたいそう胸がいたんだわ。

 

ああ、繊細な少女時代。

 

髪を束ねたり、耳にかけたりするたびに大きくて出っ張ってて毛が生えてるほくろが憎くて、「いつか大人になったら絶対に取るんだ!」って心に誓ったわ。

 

ほくろ除去に選んだ皮膚科

そして大人になって数年が過ぎたある日。もう少女の頃ほどほくろのことを気にしていなかったけど、なんだか急に思い立って、ほくろを取りたい衝動にかられたわ。

 

そしてすぐにインターネットで「ほくろ除去 手術」で検索。

 

当時はまだインターネットにホームページを開設していない病院もたくさんあったからね。

 

選択肢もそれほどない中、当時働いていた会社の近くにあった皮膚科を見つけたので、さっそく予約の電話を入れることにした。

 

▽その皮膚科がこちら。有楽町皮膚科

医療法人社団 優医会 有楽町皮膚科

 

日比谷の駅のすぐ目の前にあるビルに入ってる皮膚科。今ももちろん健在です。

 

ほくろを診断してもらったら意外な事実に救われる

電話で予約をした日時に皮膚科へ行き、まずは問診。

 

相手はお医者さんとはいえ、じっくり見せるのは恥ずかしかったけど、ノリ子ぼくろを診てもらった。穴が開くほどじっくりと。

 

するとそこでお医者さんに意外なことを言われたわ。

 

「このほくろね、ほっといたらガンになるかもしれないね。切って取っちゃいましょう。」

 

は?!ガン?!なにそのヘビーな響き?!

 

予想してなかった発言に一瞬たじろいだけど、すぐに気持ちが切り替わったわ。

 

だって、「ガンになるかもしれないから除去する」なんて、手術を正当化するのに素晴らしい大義名分になるじゃない!

 

例えばノリ子が「ほくろ取る」とか言い出しても誰も気にしないっていうか、「なに?おまえほくろなんか気にしてるの?自意識過剰〜!」って笑われそうじゃない。

 

私もほくろ取るとか人にバレたら、「誰もあんたのほくろなんて見ちゃいねえ!」って思われるんじゃないかと密かにビビってた。

 

なんという卑屈さっ!((((;゚Д゚)

 

それに病気でもないのに顔にメスを入れるなんて、それは完全に美容整形な考え方でしょ?

 

生まれ持った顔が気に入らないから変える、なんてちょっと抵抗あったもの。

 

まあそこまで大げさではないけど。。。

 

でもこれでもうそんな心配はいらない。だって私はガン予防のためにほくろを取るのよ!(´∀`*)ウフフ

 

初診からほくろ除去手術までの流れ

初診でほくろがガン化するかも、という診断をゲットし、次は手術日の日程を決めたわ。

 

その場でいきなり「ハイ、取って(о´∀`о)」ってわけにはいかないのね。

 

手術当日は特に食事の制限など何もなく、とにかく行くだけ。

 

手術の方法は、小さくて出っ張っていないものなんかは炭酸ガスやレーザーでサクッと取っちゃうらしいんだけど、私のは直径5ミリを超えていたし出っ張ってるし毛も出てるし、切開に決定。

 

ほくろの部分をほじくって取るのかと思ったら、周りごとアーモンド型に切り取って縫い合わせるらしい。

 

▽このように。

f:id:dramafreak:20190301094352p:plain

画像引用:ホクロ除去 <切開>|神田美容外科形成外科医院|

 

えー、怖い。聞いただけでもうめっちゃ痛くなってきた。怖いよー(^Д^)プギャー

 

ほくろ除去手術中の様子

怖いけど取る、もう決めたから。ノーモアノリ子。

 

当日は仕事を定時で上がり、そのまま有楽町皮膚科へ。付いたら早速、手術開始よ!

 

耳の横だし、座ったままザクッと切るのかなと思ったら、ちゃんとベッドの上でした。

 

手術する方の耳を上にして横になると、顔全体にカバーをかけられて何も見えない状態に。

 

そしてまずはほくろまわりに麻酔注射。いや、ほくろにもブスブス何本かいってたわ。

 

私はわりと痛みに強いほうなので、こんな注射くらい屁でもなかった。何本でもかかってきなさい。

 

そうして余裕をかましているとすぐに麻酔が効いてきて、いよいよ切除開始。

 

さようなら、生まれたときから一緒だったノリ子ぼくろ。あんたとの旅はここまででお別れよ。成仏してね。

 

いざ、入刀。

 

何も感じないけど、サクーっと皮膚が切られている感覚はあるし、時々耳の周りがヒヤッと冷たく、「これ血だな」っていうのがわかると怖くなってきた。

 

切除するまでの時間はわりと長く感じたけど、痛みがあるわけじゃないから大丈夫。

 

でも辛かったのはここからだったわ。

 

切除したら当然だけど縫うんですよ。そしてほくろの位置は耳のすぐ横。

 

どういうことかと言うと、縫っている音がめっちゃよく聞こえる。。。!

 

針を皮膚に「プツッ」と刺す音、糸が皮膚と肉を「ツーっ」と通る音。それが何度も何度も繰り返されるのが怖い!!

 

痛くないけど、音がとにかく恐怖で手に汗びっしょりかいたわ。

 

そしておそらく傷が残らないように多めに丁寧に縫ってくれてるから、縫合時間が長い長い。

 

何度も何度も「プスっ、ツーっ」の怖い音を聞く羽目になったのでした。

 

手術後の経過について

手術は全部で30分ほどで終了。あっけないものだったわ。

 

縫いあとはガーゼがはられてたからどうなってるのかその場では見れなかった。痛みも全然なかったけど、処方された可能止めと痛み止めをもらってその日は終了。

 

痛みに強いと言っておきながら、術後痛くなったら怖いのですぐに痛み止めを飲んだわ。その後も痛くなった記憶はない。

 

手術にかかったお金は15000円ほどでした。

 

そして1週間後、抜糸のために再び病院へ行き、異常がなければ糸を抜いてそれで終了。

 

幼い頃から悩んだほくろはこうしてあっけなくなくなりました。

 

手術跡とほくろがなくなった感想

5ミリほどのほくろを切除するのに切開したのは1.5センチほど。11針縫いました。

 

術後の跡半年くらいは傷が生々しくて痛々しかったけど、当然だけどそこにほくろはもう無い。気持ち的にどっちがいいかというと、

 

縫い傷>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>ほくろ

 

それはもう、控えめに言って最高だったわ。

 

たった一つのちっぽけなほくろだったけど、今まで自分がまるでハンディを抱えて生きてるのかってくらい醜さに負い目を感じてたことに気がついちゃったからね。

 

ノリ子ぼくろのない私はもう、普通の女の子!これで嫁にも行けるわ!

 

そのくらいの開放感で踊り出したい気持ちだった。本当に、やって良かった。というか、18歳くらいでとっくにやっておけばよかったわ。

 

何を長年くすぶってたんだ、私。

 

10年以上が経過したほくろ除去跡の写真

それでは論より証拠。あの時の傷は今、どうなっているか見てみましょうね。

 

まるで囲ったところがノリ子ぼくろの跡地です

f:id:dramafreak:20190301150722j:plain


なにか、うーっすら見えるわね。そう言われてみれば。。。くらいの。

 

誰もこんな至近距離で私を見る一などいないし、自分自身もよく見えない場所なので、我ながらほくろのことなっどすっかり忘れて生きてるわ。

 

ちなみに、右と左を比べてみても、手術跡は完全にわからないわ。

 

上の写真が手術跡、下の写真は最初から何もない側

f:id:dramafreak:20190301150726j:plain 

全然違い、ありませんね?手術は大成功でした!

 

ほくろを取っても自分以外誰も気が付かないという事実

ほくろを除去する前、ほくろを気にしすぎるなんて自意識過剰だと思われるという恐れを抱いていたと書いたけど、あれはあながち間違っていなかったわ。

 

ほくろがなくなった喜びを、中学生の頃からの付き合いの友達に嬉々として話してみたところ、

 

「は?ほくろなんてあったっけ?」

 

と言われたわ。

 

冗談じゃないわよぅ!

f:id:dramafreak:20190301090524j:plain
ノリ子再び登場

 

 あんなに気にしてたのに、やっぱり誰も私のほくろの存在なんて気にしてないし興味もなかった事が判明。

 

たぶんほくろついたままでも嫁に行けたと思う。

 

でもいいの、あのほくろがない人生のほうが私は幸せだからね。

 

今までの人生で、思い切ってやって良かった!と思えることのベスト5にランクインする出来事よ。

 

もし迷ってる人がいたら、ドカンと背中を押すわ。

 

とっとと取っちゃいな!ってね。 

 

▽関連記事はこちらから 

www.dramafreak.xyz

www.dramafreak.xyz

www.dramafreak.xyz

www.dramafreak.xyz

www.dramafreak.xyz

www.dramafreak.xyz

www.dramafreak.xyz

www.dramafreak.xyz

www.dramafreak.xyz

www.dramafreak.xyz

www.dramafreak.xyz

 

▽ブログランキングに参加してます

(*´Д`)皆の一票まってるわ~